ジャパン・オカリナ・フェスティバル

 今年もジャパン・オカリナフェスティバルに今年も参加した。
 演奏は、ギターの師匠長谷川先生に伴奏をお願いして、「G線上のアリア」と「雨にぬれても」を吹いた。伴奏に支えられて、何とか演奏を終えたが、ドキドキもの。
 聞いていた妻は、「G線上」は音程が甘い、とのこと。もっと吹き込まないと、とまたもやいつもの反省。
 出演前、毎回スタッフとして、舞台進行をしていただいている、オカリナの演奏と制作をされる方と話をしていた。その方は、やっぱり、オカリナは、製作と演奏が一体になっていなければならないですね、というようなことをおっしゃっていた。

 今回の展示場所は、右手にサウザンスリーブスの千葉さん、左手は、ピエタの丸山さん。お二人とも演奏も、製作も定評の人達。
 丸山さんとは2年ぶり、また様々なことについてお教えいただいた。
 このお二人に挟まれて、谷間のようにMORI OCATRINAはへこんでしまうような気がした。
 お二人とも演奏は、非の打ちどころのない素晴らしい出来。
 あんないい演奏をする人の作るオカリナはきっといいものに違いない、と思わない方がおかしい。
 そのお二人に比べて、僕の演奏は……へこんでしまうのだ。
 いいオカリナかどうかを決め選ぶのは、感覚的なものである。
 オカリナは、息圧を始め吹き方によって大きく左右される楽器。スタッフの方が言っていたように自分で吹く楽器は、自分で作るか、オーダーしたものを使うべきなのかもしれない。
 最初からいいものだと思っているオカリナは、自分の吹き方が悪い、合わないのだろうと思うが、そうでないものは、オカリナの方が悪い、合わないと思うのではないか。
 今回のフェスティバルは、15周年記念ということで、最後に宗次朗氏の演奏があった。その中で、彼は、自分のプロヂュースした オカリナの高音が出ない、と苦情が来る場合があるが、僕が吹くと全部ちゃんと出る、楽器のせいではないのですよ、と笑顔で説明していた。
 あまりいい楽器でなくても上手い人が吹けば、いい音がする。しかし、どんな名器でも下手な人が吹けば、いい音はしない。誰が吹いてもいい音がする楽器などない。

 かつて、ピアニスト、リヒテルはピアノを選ばず、悪いピアノはない、そのピアノをコントロールできないだけだ、と言ったそうだ。
 しかし、ベートーベンは、彼の時代のピアノに不満で、メーカーに改良を命じ、鍵盤の数を増やし、ぺタルの位置を現在の位置にするなどし、今あるピアノの形にした改革者らしい。
 ……ベートーベンが、普通のピアニストだったら、メーカーはその要望に応じただろうか。
 いい楽器を作りには、いい演奏家がいなければならない。
 いいオカリナを作るには、いい演奏家でなくてはならない。
MORI OCARINA
 丸山さんは、その曲が体にしみこむほど練習する、とのこと。
 いい演奏をされる方は、ほとんど暗譜、音楽が体にしみこんでいる。
 もっともっと練習しなければ……。せめて暗譜できるまで練習しよう。

60㎝スレがかりブラウン

桜 ここ3年この時期に長野県犀川のC&R区間へ、サーモンフィッシングを教えていただいたSさんと大物のトラウトを狙いに行っている。
 今年も4月24日から26日までS荘の別館の格安のカメムシのいる部屋に泊まり釣りを楽しんだ。
 東京では散ってしまった桜がこちらではまだ散りかけたばかりでほとんど満開。24日と25日はよく晴れ、日中は暑くシャツ1枚で過ごせるほど。
 1日目の夕方、昨年も一昨年も釣れたポイントでヒット。
 強烈なひき。ラインが出てゆくばかりで、止まらない。やっと止まっても動かない。60㎝ブラウントラウト
 大物だということは分かったが、尋常ではない。おそらくスレがかりではないか、と思う。
 少しずつ下流にこちらが近づきながらラインを慎重に巻きとって行くと、魚の姿を見たSさんがやっぱりスレだという。
 そのうち尻鰭を見せて潜ろうとしている魚の姿が見える。
 下流へ逃れようとする魚を追って川岸を下りやっとの思いで岸まで寄せて、Sさんにネットで取り込んでもらった。
 60㎝のブラウントラウト。いささか疲れたが、喜びもひとしお。
 ゆっくりと水の中に戻しリリースした。
 その後しばらくしてまた同じくらいの大きさの魚がヒットした。今度は、口にかかっているようで何度かの出し入れの後、足元近くに寄せ、ネットを出そうと思ったらバレてしまった。
 この日は、これで終了次の日、早朝同じポイントで6時半頃47㎝のニジマスを釣ることができた。
 その後様々なポイントで釣りをしたが、ノーヒット。
 3日目の26日は、朝食後雨が降り出し、そのまま竿を出さずに帰ることにした。   
 47㎝ニジマス 結局Sさんは釣れないまま帰ることになった。
 自然相手の遊びなので仕方がないが、やはり厳しいものだ。
 しかし、いつ釣れるかわからない、釣れないかもしれないと思う中で射止めた喜びは、比べようのない格別のものだ。  

秋川湖

 4月17日
ニジマス61㎝ 昨年サマーランドにオープンした管理釣り場秋川湖へ、サーモンフィッシング仲間のMさんと一緒に初めて行った。
 昨年から、Mさん家の近くなので、昨年から、行こうと話ていたのが、やっと実現した。
 開場の6時少し前に秋川湖に着く。今、割引中ということで、何と6時間1900円。
 開場と同時にフライロッドを3本持っている人に続て入場。
 入場してすぐの場所が、フライ優先エリア。
 バックヤードが十分にとってあり、オーバーハンドキャストが安心してできる。
 そのエリアに先行の方とMさん、僕の順番で並んで竿を出す。
 魚は時々波紋を出している。
 水は濁りが強く、桜の花びらが浮かぶ水面からは魚の姿はあまり見えない。
 まず、白のとんがりでいつものようにフォーリングの釣りから始める。
 突っつくようなあたりが時々あるが、乗らない。やっと乗った、と思ったら、30㎝に満たないニジマス。もう一匹同じようなサイズのを釣った後、黄色の蛍光色のドットに色を変え、釣れたのは、何と61㎝のでかニジマス。
 その後、ネットに出ていた、秋川湖での釣果のあったという、ルースニング、ウキ下は1m、という釣り方で、色も茶色に変えると、当たりが続くようになる。20㎝台の魚がほとんど入れ食いのようになる。
 そんな中で、50㎝の大物のニジマスを2匹釣る。
 表層を意識している魚もいるようなので、まりもドライを使ってみると、ばしゃばしゃアタックしてくるが、ほとんど乗らない。
 フッキングがよかったのは、犬の毛で作ったエッグフライ。このフライを浮かせて55㎝のニジマスを釣った。
 9時を過ぎ、上着を脱いでも暑いと感じるほど日差しが強くなってくると、当たりがだんだんなくなってくる。10時を過ぎるとほとんど釣れなくなった。
 場所を変えてみたが、結果は同じ、11時30分納竿。
 釣果はニジマス34匹イワナ1匹。内、50㎝以上の魚は3匹。
 Mさんも50㎝のにニジマスを釣りあげた。
 これだけの結果が出ると楽しくない、とは言えないだろう。
 
 桜はもう散ってしまていたが、枝垂れ桜(?)は満開だった。
 Mさんと今年も一緒に行く忠類川サーモンフィッシングの話などしながら、あきる野の丸亀製麺でうどんを食べ帰りの途についた。
枝垂れ桜(?)満開

薹が立つ

ホーレンソウとキャベツの薹 野菜が花をつけるために茎が伸びてくることを「薹(とう)が立つ」という。
 春になると野菜は花をつけ、結実するために中心部からまさに塔が立つように茎が伸びてくる。そのような野菜は硬くておいしくない。
 時期を過ぎたもの、さかりを過ぎたものお意味でもこの言葉が使われるのはそのためだ。
 しかし、立ってくる薹自体は柔らかくとてもおいしい。
 からし菜やのらぼう菜などは、この薹をかきとって収穫するため「かき菜」と呼ばれ菜花などと同じく春野菜として店頭にも並ぶことがある。
 子孫を残すためのエネルギーを全てこの薹に野菜たちは注ぎ込んでいる。味もよくやわらかで栄養価も高いはずだ。
 春になると様々な野菜の薹が立つ。
 ホーレンソウや、コマツナなどの薹は、店では売ってないので、野菜の栽培をしていいなければ、味わうことができないものだろうと思う。
 我が畑には今、カラシナをはじめとしてホーレンソウ、コマツナ、キャベツ、などの薹が立っている。
 これらの薹を手当たり次第にかき取って収穫する。
 命のリレーのために生み出されるものをいただく。
 おいしい。
 まさにいただきます、なのだ。
 自然の営みに感謝……。

鯉が釣れた

 4月4日(火)
6㎏を超える鯉 6時頃釣場にむかって川沿いの道を歩いていると先々週の先行者の方が、おはようございます、と言って追い越していく。
 先週と同じポイントに着くとるルアーマンが一人入りすでに竿を出していた。
 先週と同じ場所で、先行者の方も竿を出す。
 魚の姿がないわけではないが、竿を出し始めるとほとんど姿が見えなくなった。
 しばらくフライを流し続けたが、何の反応もない。
 釣り人がまた2人やってくる。
 1時間ほど竿を出したが根がかりのみなので、上流のポイントへ移動。
 中洲の浅い瀬でマルタが水しぶきをあげているのが見えた。渡川して、釣り始めるとすぐにスレだがヒット。
 しかし群れは小さく後が続かない。釣れないので、下流の深場にフライを流し込むと、強い引き、明らかに大物。マルタではないことがすぐにわかる。
 下流へ100m近く曳かれてやっとランディング。63㎝のスレがかりの鯉。
 その後64㎝6㎏を超えるメタボの鯉が釣れたが、今度はきちんと口にかかっていて、曳かれることなくその場でランディングすることができた。
 マルタは、6匹釣ったが、9時を過ぎると釣れなくなった。
 マルタを狙って、様々な釣り人がポツリポツリとやってくる。中には女性で一人でやってきた人もいた。
腹がパンパンのマルタ あの先行者の方もこのポイントに来て釣っていたが、今日は釣れないね、と言って帰っていった。

 東京の桜は満開だそうだが、ここはまだは5分咲き。
 マルタの遡上もまだ5分程度なのか…
 今年のマルタ釣り、終わりにするかどうか迷うところ。
プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる