秋川湖

 4月17日
ニジマス61㎝ 昨年サマーランドにオープンした管理釣り場秋川湖へ、サーモンフィッシング仲間のMさんと一緒に初めて行った。
 昨年から、Mさん家の近くなので、昨年から、行こうと話ていたのが、やっと実現した。
 開場の6時少し前に秋川湖に着く。今、割引中ということで、何と6時間1900円。
 開場と同時にフライロッドを3本持っている人に続て入場。
 入場してすぐの場所が、フライ優先エリア。
 バックヤードが十分にとってあり、オーバーハンドキャストが安心してできる。
 そのエリアに先行の方とMさん、僕の順番で並んで竿を出す。
 魚は時々波紋を出している。
 水は濁りが強く、桜の花びらが浮かぶ水面からは魚の姿はあまり見えない。
 まず、白のとんがりでいつものようにフォーリングの釣りから始める。
 突っつくようなあたりが時々あるが、乗らない。やっと乗った、と思ったら、30㎝に満たないニジマス。もう一匹同じようなサイズのを釣った後、黄色の蛍光色のドットに色を変え、釣れたのは、何と61㎝のでかニジマス。
 その後、ネットに出ていた、秋川湖での釣果のあったという、ルースニング、ウキ下は1m、という釣り方で、色も茶色に変えると、当たりが続くようになる。20㎝台の魚がほとんど入れ食いのようになる。
 そんな中で、50㎝の大物のニジマスを2匹釣る。
 表層を意識している魚もいるようなので、まりもドライを使ってみると、ばしゃばしゃアタックしてくるが、ほとんど乗らない。
 フッキングがよかったのは、犬の毛で作ったエッグフライ。このフライを浮かせて55㎝のニジマスを釣った。
 9時を過ぎ、上着を脱いでも暑いと感じるほど日差しが強くなってくると、当たりがだんだんなくなってくる。10時を過ぎるとほとんど釣れなくなった。
 場所を変えてみたが、結果は同じ、11時30分納竿。
 釣果はニジマス34匹イワナ1匹。内、50㎝以上の魚は3匹。
 Mさんも50㎝のにニジマスを釣りあげた。
 これだけの結果が出ると楽しくない、とは言えないだろう。
 
 桜はもう散ってしまていたが、枝垂れ桜(?)は満開だった。
 Mさんと今年も一緒に行く忠類川サーモンフィッシングの話などしながら、あきる野の丸亀製麺でうどんを食べ帰りの途についた。
枝垂れ桜(?)満開
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる