スレばかり

マルタウグイ57㎝ 3月28日(火)
 多摩川への先週と同じポイントへマルタ釣りに行く。
 6時頃釣場に着くと誰もいない。
 先週来た時よりも水量が増え、流れが速くなっていた。マルタウグイらしき魚が時折姿を見せている。
 釣り準備を始めていると、前回先行者として来ていた人が来る。ほどなくして、ルアーを持った人も現れる。
 
ウグイ42㎝ 一番いいポイントに入り、上流にはルアーマンが、下流には前回の方が入り、釣りを始める。
 主に新しく作った白のフライを使う。シンクティップは、タイプ1からクイックダイバーのライトに変える。
 コツコツとあたりはあるが、乗らない。フッキングしてもすぐにばれてしまう。3度目のあたりで、頭にフライがかかったマルタウグイをランディングする。
 群れがいるであろうあたりにフライを流し込み、また引いてを繰り返すと、ほとんど引いた瞬間にあたりがある。あたってもすぐにばれることが多く、鈎先にウロコがついてきたりする。
 口にかかっているのが2回だけあったが、それは流し込んでいる時にフッキングした。つまり、釣れた魚の30匹中28匹は魚を釣っているのではなくひっかけたということだ。
 下流でフライを使っていた人は、釣れた数は少ないがスレよりも口にかかっている方が多いということだった。
 群れの中にフライを通すことができるポイントにいたためか、魚が口を使う前に魚をひっかけてしまったようだ。
 結局ウグイ1匹を含む30匹を釣った。スレの魚は引きが強い(スレ3倍引き)ので楽しかったが、、なんとも釈然としない釣だった。
 11時に納竿。
 帰り、上流の一昨年ポイントだったあたりに5~6人の釣り人が竿を出しているのが見えた。監視員の人によると真っ黒になるほど群れが入っていた、とのこと。しばらく見ていたが、誰も釣れていなかった。釣れる時間帯ではなかったようだ。
 
塩ねぎ豚うどん 西国分寺の駅のホームのはなまるうどんで、ねぎ塩豚うどんの大とかき揚げ天ぷらを食べる。
 香川育ちにとって、東京で讃岐うどんが手軽に食べられる、はなまるは、とてもありがたい。
 ちょっとスレていた心が豊かになり、午後は、オカリナの製作にいそしんだ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる