FC2ブログ

朱鞠内湖 幻のイトウ

 ジャパン・オカリナ・フェスティバルの翌日早朝、北海道朱鞠内湖に向かう。
 幻の魚といわれているイトウを釣るためである。
朱鞠内湖  2朱鞠内湖
 羽田から、空路千歳、札幌、旭川を経て、士別の駅に着いたのは、午後1時37分。すでに朱鞠内湖に入っている、サーモンフィッシングでいつもお世話になっているSさんが迎えに来てくれた。
 士別の駅から1時間足らず、朱鞠内湖に着き、10年以上ここに通っているSさんにポイントを案内してもらい、湖畔の宿「レイクハウスしゅまりない」に入ったあと、キャンプ場で、竿を出す。
千島桜  カタクリ
 朱鞠内湖は、フィンランドのフィヨルド(行ったことはないが)みたいな素晴らしい風景が広がっている。
 千島桜が見ごろをむかえ、いたるところにカタクリや、様々な花が咲き、雪の残る沢には、水芭蕉が花を開いていた。
 こんな美しい景色は見たことがない、と思わず口にしてしまうほど。
 5泊6日、毎日朝3時起床、午後7時まで、食事時間と休息はとったものの、キャストを続けた。
 3日目、浮島という島にに渡船してもらい、40㎝くらいのアメマスを足元までよせて、バラした。
水芭蕉  早朝渡船
 冗談みたいに20センチくらいの鮒や、ウグイが、スレでかかったが、6日間を通して、結局釣果らしい釣果はこれのみ。
 目の前を1m近いイトウが悠然と泳ぐのを何度も目にし、ドボンという跳ねる姿を見たりした。
 そして宿に帰ってきた人たちからは、イトウの釣果報告を毎日聞かされた。
 Sさんはさすが、見事に63㎝のイトウを釣り上げた。
 しかし、僕には、イトウは幻のままで終わってしまった。
鮒  ウグイ
 来てすぐに釣り上げる人もいれば、10年通ってやっと釣り上げた人もいるとのこと。
 自分の釣りに対して、結構いい線行っている、といわば思いあがっていた鼻をへし折られ、オリジナルのタックル、ばかリ追及しすぎているのでは、と反省。
 もっとシンプルに謙虚に釣りをすべきだと思った。
Sさんは、単に運がなかっただけだ、と慰めてはくれたのだが……。
スポンサーサイト
プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる