FC2ブログ

爪を切った、その後

 右手の爪を切って、2週間がたった。
 指先の痛みは、1週間ほどで、ほぼなくなったが弾弦はなかなか思うようにはいかなかった。
 爪があるときのつもりで、弾弦するとかすれたような小さな音しか出ない、下手をすると空振りする。
 強く弾くと音は大きくなるが、ぺたぺたした感じの音になり、雑音が混じるような音になる。
 くじらのメンバーから指摘されたのだが、短くしたはずの爪が、わずかに当たって雑音を発しているようなのだ。
 こんなので、思うように弾けるようになるのかと、不安になった。
 しかし、毎日ギターを弾いていると、時々、いい音がすることに気づいた。
 指先のタッチの新鮮な感覚を楽しみながら、毎日少しづついろいろ試してみる。
 2,3日前にやっと気づいたのだが、爪を使って弾く時よりもかなり指の内側で弾く感じにするといいらしい。指先で、弦をつかむ感覚で弾くときれいな音が出てくるようだ。
 今日、長谷川先生のレッスンがあり、きれいな音が出ている、と言われ、何とか先が見えてきた、と思った。
 まだ、トレモロや早い奏法は、うまくいかない。
 ただ、弾き終わった弦の振動が残っているときに弾弦する場合、爪が当たって出る雑音の心配は全くなくなった。
 また、低音の巻き弦に爪が当たって、がりがりという感じの音の心配もない。
 爪を使った音とは、本質的に違う音だが、指の角度や、弾弦の方向を工夫しなければ、いい音が出ないことには変わりがない。
 新しい奏法をマスターするのである。
 始めて2週間、まだまだこれから……。
スポンサーサイト

爪を切る

 やさぎコンクールが終わって、二日目、右手の爪を切った。
 爪は伸びたら、誰でも切るものなので、それがどうした、と思われるかもしれない。
 しかしこれは、結構決断力のいるものだった。
 クラッシックギターを弾く人間にとって、右手の爪は、切るものではなくやすりで削り、指先より伸ばして、絶えず形を調整し、磨くものなのだ。
 僕は、ギターを弾くようになった中学2年から、ほとんどの間、指先よりも爪を短くしたことがない。
 長く伸びた爪は、様々な場面で、引っ掛かり、割れたりかけたり、身体や柔らかいものを傷つけたりと厄介なものだ。
 爪はナノレベルで、ギターの音に影響し、絶えず手入れをしなければならない。神経を使う。演奏会前に割れたりすると、接着剤を使って補修したりするが、どうにもならない。
 畑仕事や、釣りをするときに、この長い爪は、ガサガサになる。オカリナの粘土に傷をつける。

 僕のギターの師匠長谷川先生は、指頭奏法という爪を使わない弾弦法を研究し、実践している。
 当初は、ガット弦を使った、古楽器を弾く時に爪を切っていたようだが、数年前より爪を伸ばされなくなった。
 お弟子さんの中にも指頭奏法をする方が出てきた。
 古くから爪を使わない奏法というのはあったらしく、今でも少数ではあるが、指頭奏法の演奏者はいるのだそうだ。
 長谷川先生から、指頭奏法の良さを聞かされ、「楽だよ、こっちの世界においで」などと言われ、一度試してみるのもいいかな、と思っていた。

 コンクールが終わり、次の演奏会のない今が、それを試すチャンスだと思い、思いきって、切った。
 と言っても、やすりで短くしたのだが、長く爪に守られていた指先は、深爪をした時のように痛みがあり、強く弾弦することができなかった。
 音も小さい音しか出ず、柔らかすぎる音しか出せない。
 1週間たち、痛みはなくなったが、まだまだ音は、いいものにはなっていない。
 さて、これからどうなるか、また伸ばそうか、という気になるかもしれないが、しばらくは頑張ってみるつもりだ。

やさぎコンクール 金賞

 日本ギター合奏連盟主催の重奏フェスタの中で行われる「やさぎコンクール」に昨年に続き「くじらギター重奏団」のメンバーとして、参加した。
 昨年から始まったコンクールで、昨年は銅賞をいただき、今年は何とか最高の賞を、と意気込んだ。
 準備や練習、も順調で、長谷川先生のレッスンでもいい感じで、仕上がっていると言われ、うまくいけば…、とますますその思いは強くなった。
 順調に進んでいた自分の練習だが、余裕があると思っていたのに直前になってもミスするのではないか、という不安が除けない。
 というのも、一月ほど前に2曲目、最後の部分の伴奏のベースの部分をカッティング奏法で、と先生に言われ、何とか弾けるようになったものの、余裕のあるものにはなっていなかったからだ。

 楽屋に入り、準備をしていると、明らかに緊張しているのが分かる。
 ステージ袖に行ったときには、胸の鼓動の高鳴りが、どうしても治まらない。
 仕方がない、そのままステージに出て、演奏を始める。
 緊張はピークに達していたが、何とかミスなしで、演奏することができた。いよいよ、最後の部分、と思ったとたん、右手が、震え始め、うまく断弦できなくなった。その後また音を出すことができたが、どうすることもできなかった。
 演奏後、メンバーには、ただ謝るしかなかった。
 コンクールでの、ミスは、許されないだろう。自分のせいで、金賞を逃したことになるだろうと思うと、サヨナラエラーをしてしまった野手ように、穴があったら入りたい気持だった。
 僕のミスをカバーしてくれ、慰めてくれるメンバーには、本当に申し訳なかった。
 客席にいた人たちは、一番良かった、僕のミスには気づかなかった、と言ってくれたが、審査員にわからないはずがない。

 やさぎコンクールに続き、重奏コンクールが行われ、客席で、今年もその演奏を聞いた。
 昨年にも増して、卓越した技量に裏打ちされた素晴らしい演奏が続き、甲乙つけがたくどこが金賞をとてもおかしくないようだった。
 重奏コンクールに無謀にも参加し、一般奨励賞をいただいた7年前に比べるとはるかにレベルが上がり、海外からの参加者もあり、参加数も多くなった。
 若い人々が、演奏家を目指す登竜門のひとつであるため、参加者も生半可な覚悟ではないはずだ。人生をかけたコンクールというのも言い過ぎではないかもしれない。
 クラッシックギターという決してメジャーではない楽器に対してこれだけ音楽性豊かで、優れた若者たちがいるということに、あらためて素晴らしいと思った。

 さて、審査発表と表彰式だが、……時間になっても始まらない。やはり審査はもめているのだろうと平沢さんと話し合った。
 予定より20分ほど過ぎて、集計に時間がかかり、というアナウンスの後ようやく始まった。
 最初は、特別審査員の大萩康司氏より講評があった。
 審査の基準、アンサンブルでの大切なこと、演奏の情熱とスキルの問題など、とても爽やかな講評だった。彼はやはりナイスガイである。
 その後、「イケメンに代わって、ボケメンが」、と言いながら審査委員長から審査発表があった。
 初めにやさぎギターコンクール。銅賞、銀賞、その他の賞の中にくじらギター重奏団はなかった。残るは金賞と思いきや、銅賞…と言ったので、今年は金賞なしの銅賞なのかな、と思った。
 しばらくたって、金賞くじらギター重奏団。
 ああよかった。本当によかった、きっとマイナスの評価ではなくプラスの評価をしてくれたのだろうと思った。

 何はともあれ、金賞である。
 これで、おそらくコンクールは、卒業ということになると思う。
 しかし、コンクールに出演するということで、随分演奏は進歩し、有意義な時間が過ごせた。
 結果がよかったからかもしれないが、金賞よりもそのことの方がずっと意味があるのではないかと思う。

第24回長谷川音楽教室ギター科発表会

 4月14日、今年もこの発表会が来た。
 もう10年以上続けて出演している。しかし、一度も満足な演奏ができていない。
 今年の演奏曲は、シューマンの子供の情景から「見知らぬ国々」とサティーの「ジュムノペティー第1番」
 両方とも完全に暗譜して臨んだのだけれども、1曲目の「見知らぬ国」の後半部分でつまずく、すると、右手が震えはじめ、思うように弾弦できなくなる。また来た、と思いながらなんとか止まらずに最後まで弾いた。大丈夫かな、と思いながら、次の「ジュムノペチィー第1番」、失敗するとすれば、こっちの方かな、と思っていたのに、あがっていたものの間違うことなく弾きおえることができた。
 毎回上がらないようにするにはどうしたらいいのか、考えてきた。しかし多少緩和されているかもしれないが、あがらなくなることはない。
 あがらない遺伝子を持つ人もいるらしく。そういう人は、あがるということ、プレッシャーそのものがどういうものかさえ分からないらしい。
 しかし多くの人は、あがる。なぜあがるのか…。
ただ、はっきりしていることはある。自信のある時は、あまりあがらない。
 あがるというのは、うまく弾けないかもしれない、という恐怖からパニックを起こすことだ。
 あがらないためには、うまく弾けないという不安をなくしてしまえばいい、ということになる。
 ただこの不安は、なくそうと思って、コントロールできるようなものではない。無意識のもので、泣こうとしても泣くことができないのと同じように意識してなくすことができない。
 この不安をなくすには、何回もステージをこなして、慣れることもそうだと思うが、何より自信をつけること、つまり練習をすることだと思う。
 今回、1曲目の方が自信があったのだが、躓いたのは、練習中5回に1度くらいミスってしまう箇所だった。2曲目がなとか弾けたのは、この躓きを超えたという思いからではないか、と考えている。
 オーボエ奏者の宮本文昭は、難曲「熊蜂の飛行」を30回間違えないように続けて弾けるまで練習したらしい。
 つまり、これくらいの練習をしなければ、自信はつかない。つまり、弾けなくなるという恐怖はなくならないのかもしれない。
 練習は裏切らない、恐怖感がなくなるほどの練習をして、次回は臨もうと考えたのであった。

 今回の発表会は、親子での演奏が、3組も出演した。
 小学生のレッスンに付き添ってきている、お母さんたちに、一緒にやってみませんか、と先生がさそってレッスンを始めたらしい。
 親子で、一緒にレッスンを受け、家庭でも一緒に重奏ができる、こんな楽器は、あまりないのではないか、そして、何より楽しそうだった。
 そういえば、長谷川先生にレッスンを受けるようになった頃、僕の次にレッスンを行けていた、当時中学1年生の大ちゃんは、お母さんと妹さんが、一緒に来ていた。
 その大ちゃんも成人し、この演奏会のトリを務めるようになった。

やさぎコンクール 銅賞

 日本ギター合奏連盟主催の重奏フェスタの中で行われる「やさぎコンクール」に「くじらギター重奏団」のメンバーとして、参加した。
 「やさぎコンクール」というのは30周年記念ということで、今年から始まったコンクール。
 合奏連盟が出版している「やさしいギターアンサンブル曲集」(全7巻)の中から、選曲して演奏する、というもの。
 「やさぎコンクール」に続いて「重奏コンクール」が今年も行われた。
 こちらには、24回に出場し一般奨励賞をいただいたが、レベルが高く、プロまたはプロを目指している若い人たちのためのようなコンクールで、我々には、歯がたたないというか場違いな感じさえあった。
 今年の「重奏コンクール」は、参加者も多く、卓越した技量に裏打ちされた素晴らしい演奏が続いた。
 この中から優劣を決めるは、難しいだろうなあ、と思った。

 さて、「やさぎコンクール」だが、出演順は、最後から2番目。
 十分に、楽屋で準備はできたのだが、余裕をもって、舞台袖に行くつもりが、迷路のようなホールの通路で迷い、おまけに予定が早まっていて、とにかくチューニングは舞台でもできるから、と慌てて押し出されるように舞台に立つ。
 そうでなくても緊張して当たり前のコンクール、あがり症の僕があがらないわけがない。久しぶりに手の震えを感じ、他のメンバーもいつもとはちがう、と思いながら、何とか弾き終えたが、こんな演奏では……、と思うような出来だった。普段緊張しない加藤さんもあがった、と言っており、他のメンバーも同様に緊張して、うまく弾けなかったらしい。
 これでは、結果は知れているだろうとお思い、あんな演奏では、賞をもらってもうれしくない、と平沢さんに話すと、笑いながら、賞には入らないから大丈夫、などと話していた。
 しかし、審査結果の発表が近づくにつれ、それは、賞がほしいという裏返しの気持ちだということに気が付いた。
 ステージに上がって、審査結果の発表。
 入るとすれば、銅賞(3位)しかないだろうと思っていると、「銅賞は、くじらギター重奏団……」。
 よかった、本当にうれしかった。
 あがらなければ、金賞だったかも、と打ち上げの席で話が出た。
 それはともかくとして、コンクールに参加することによって、我々の演奏レベルが、あがったことは確かだ。
 来年また、同じコンクールがあれば、リベンジしてみるのもいいかもしれない。

 コンクールを終え、会場を後にするとき、20歳前後の入賞しなかった重奏コンクールの参加者たちが、なんともいえない寂しい姿で、会場を後にするのを見た。
 絵描きになってやろうと、コンクールに落選を繰り返していた自分の若い頃のことを思い出す。
 希望と絶望の繰り返し、不安、焦り…。
 自分がまだ何者でもなく、何かになろうとして必死にもがくように生きていたような気がする。
 もう二度とあんなことはしたくないと思うが、それが今の自分の糧になっていることは間違いないことだと思う。
 
 紙一重で、賞からもれた人々に幸いあれ。
プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる