FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアー、フライフィッシング

 子供の頃、釣りと言えば、釣り針に餌をつけて釣るものだった。釣りイコール餌をつけて釣るものだと思っていた。
 大人になって、釣りを始めたとき、当然餌釣りをしていた。
 しかし釣具屋に行くと、子供の頃には見たことのなかった何やら小さな魚の形をしたものが並んでいた。こんなものを釣にどうやって使うのだろうと思ったものだ。
 これがルアーという疑似餌だと後に知った。毛鈎のことは、知っていたが、ルアーのことは知らなかった。
 そして、初めてルアーで魚を釣った時、こんなもので魚が釣れるのだ、嘘だろう、と驚いた。
 以来、餌釣りはしなくなった。
 ルアーの起源は湖に落としたスプーンに魚が飛びついてくるのを釣り人が見たことによる、とのことだが、なぜスプーンのような金属の板に魚が飛びついてくるのか本当のことは分かっていないらしい。
 とにかく金属の板でも、魚を模した小さな木やプラスティックの塊でも魚は釣れるのだが、餌釣に比べるとやはり釣れない、餌釣りの一割だという人もいるくらいだ。
 毛鉤はもっと釣れるらしいというので、テンカラを経てフライフィッシングを始めた。釣れるといってもやはり餌釣りにはかなわない。
 かつて川に魚があふれていた時代、餌釣りでは釣れすぎるので、英国貴族がわざと釣れない優雅なフライフィッシングを始めたのだ、と聞いたことがある。
 ただ釣りたいのなら餌釣をすればいいのに、ルアーやフライしかやらないのは、沢山より大きな魚を釣ることだけが釣りの目的ではないからだろう。
 僕は基本的にフライは当然として、ルアーも自分で作る。
 釣の過程をより楽しめるからなのだろうと思う。自分で作ったフライや、ルアーの美しさ、それらによって、魚が釣れた喜びは、餌釣りでは味わえないものだと思う。

 僕と同じように餌、ルアー、フライという順番で、フライフィッシングにたどり着く人が少なくない。フライにたどり着いた人は、ルアーはほとんどやらなくなってしまうらしい。
 フライフィッシングから始めてルアーに変わった、という人もあまり聞かない。
 ルアーに比べて、フライは釣れる。けれどもフライフィッシングは、ルアーに比べて複雑で面倒なことが多い。特にキャスティングは、かなり練習しなければ、思ったようにキャストすることができない。僕はいまだに満足なキャスティングができないでいる。難しいのだ。
 しかしフライマンはこの面倒くささと難しさを楽しんでいる。

 さて、僕はフライフィッシングもルアー釣りもやっている。最近はやりの二刀流だ。
 なぜそうなのか、それはまた……。
スポンサーサイト

純粋な情熱

 妻の友人で、かつて僕がオカリナをやっているというので、オカリナをはじめたGさんが、工房にアルトF管の指合わせに来てくれた。
 Gさんがオカリナをはじめたのは、20年も前になるだろうか、彼女は、その後、オカリナをやめていたようなのだが、最近またはじめて見ようと思ったらしい。
まだ、僕のオカリナ制作は試作を繰り返していた頃で、その頃制作した様々なオカリナをGさんにも差し上げた。
 そのオカリナを、こんなにあったのだと、沢山持ってきて、見せてくれた。
 ペイントして、様々な色で彩色したもの、燻したものなど色も形も様々。
 ただ自分でも驚いたのが、保存状態も良かったせいか、昨日作ったか、と思えるほど、きれいなのだ。
 まだ、絵画の制作を細々と続けていた頃で、そのせいか塗りの状態は極めていい。
 音は、まちまちで、いいものもあれば、今一つ、と安定感にかけるが、見た目の印象は、今の物よりもいいのではないか、と思えるほどだった。
 オカリナづくりのテクニックは、その頃に比べはるかに良くなっている、と思っていた。
 確かに良くはなっているのだが、案外伸び幅は少なく、同じところを堂々巡りして思ったほどではないのかもしれない。
 自分の納得のいくものを自由に時間の制限もなく、自分のためだけに作っていた。
 その頃の制作にかける純粋な情熱をもしかしたら今、忘れているのかもしれない。
 初心を忘れてはならない。

高音の響き

 先日、何年かぶりで、とある合唱団の定期公演を聞きに行った。 
 女性の高音域がとても美しい、という印象を持っていたのだが、そうでもないな、と思いながら聞き始めた。
 団員の年齢が上がったことによる衰えは仕方がないのかな、と聞き進めていくうち、全体的な響きも厚みがないことに気が付いた。
 原因は、女性に比べて、男性の人数が少ないことだと思った。特にバスパートの人数が少ないので、豊かな響きにならないのだろうと思った。
 そんなことを考えながら、最後の曲を聞き始めた。すると、女性の高音域が、はっきりと美しく響き始めた。
 それまでの曲と何が違ったのか、その曲は、伴奏に2台の電子オルガンを使っていたのだ。
 オルガンの厚みのあるはっきりとしたその低音が、響きを豊かにし、女性パートがかつての響きを取り戻させたのだろうと思う。

 音は、必ず共鳴し、様々な倍音を同時に響かせている。
 オカリナの音の高音域の美しさもおそらく低い音がきれいに響くオカリナでなければ生まれないのではないだろうか。
 高音域を美しく響かせたいのなら、高音域ばかりではなく低い音も響くものを作らなければならない、ということだと思う。

’18忠類川サーモンフィッシングⅡ

カラフトマス雄63cm 空港からホテルに電話すると、三日前に送った荷物が、まだ着いてない。停電で信号も点いていないところがあるため、宅配便は動いていないらしく、いつになるか分からない、とのこと。
 とりあえず、Sさんの釣り具を借りて、忠類川で釣りをした。
 着替えもないので、コンビニへ下着などを買いに行ったのだが、食品の棚は、ガラガラ。
 北海道に行った日(7日、地震の次の日)の夜、Sさん宅の電気は点くようになり、次の日(8日)の午前中、やっと荷物が着いた。

 忠類川、今年は昨年よりもかなり魚があがっているという話だった。
 しかし、思ったほど魚はいない。一昨年、昨年が話にならないほどひどかったため、それに比べれば確かに魚は多いのだが、僕がこの川に通い始めた7年前に比べると、魚の量は三分の一以下ではないだろうかと思える。
 あの頃は、いたるところにポイントがあり、忠類川のどこででも魚の姿を見ることができた。
 しかし、ここ数年、釣れるポイントが限られてきた。
 広い忠類川の釣れるポイントに人が殺到する。まるで、菅釣のように人が並んで竿を出す。

 こんな悪条件の中、災害に見舞われても、忠類川には釣り人が集まってくる。まさに釣りバカである。
 開高健は、戦時中釣りをしていたら、この非常時に、と釣り竿尾をへし折られた、と書いている。
 戦争と災害は違うかもしれないが、このような非常時に釣りをする人がいて、それが許されている、ということに少し安心する。
 忙しく働いている大人たちの中で、何もわからず、遊んでいる子供のようだと、自分のことを表現した詩人がいた。
 夢枕獏の「大江戸釣客伝」では、釣りは最も質の悪い道楽だという。
 釣り人もまた詩人のように現実離れした人間なのだろうと思う。

カラフトマス雌44cm 最後の2日間は、釣れなくてもいいから、と誰もいないポイントでSさんとふたりきりで釣りをした。でもSさんも僕もそこでカラフトマスを釣ることができた。
 今年の釣果は、カラフトマスの雌44cm、セッパリの立派な雄63cmの2匹だった。

 この忠類川サーモンフィッシング、いつまで続けられるだろう。
 自然や、社会状況が、それを許してくれるよう祈るばかりだ。

‘18忠類川サーモンフィシング

 毎年、8月になると北海道の天気が気になる。サーモンフィシングに行くからだ。
 一昨年は8月に3つの台風が北海道を直撃し、忠類川は釣りがができなくなり、キャンセルせざるを得なかった。
昨年は、雨で川止めになり6日間のうち、釣りができたのは、1日半。
 今年も台風が多く、水害が多発しているが、幸い北海道には台風は上陸せず、関西に大きな被害をもたらした21号も直撃は免れた。
 全ての準備を終え、いよいよ明日出発、という日の朝、まさかの大地震。
 千歳空港以外の空港は、ほとんど飛行機が飛んでいる。ホテルは、出かける日の朝電話すると、電気が来るようになったということなので、何が起こるか分からないが、とにかく行くことにする。

 飛行機が、中標津空港の上空に差し掛かり着陸態勢に入り、窓の外を見ていると、中標津を通り過ぎ海が見えてきた。何度も乗り降りしている飛行機だが、こんなところを飛んだことは一度もないので、どうしたのだろう、と思っていたところ、「管制塔と連絡が取れなくなりました。原因は分かりません。しばらく中標津空港の上空を旋回しますが、羽田に引き返す燃料は十分にありますのでご安心ください。」という機長からのアナウンスがあった。
 ご安心なんかできるはずもなかったが、15分後飛行機は、中標津空港に着陸した。

 7月から9月にかけ中標津に釣りをするため移住しているSさんが飛行機、旋回していたね、と迎えてくれた。
 まだSさん宅には電気がきていない。冷蔵庫の物はすべて駄目になった、と話していた。
 これから、5泊6日どうなるのだろうか。
                                                     つづく
プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。