FC2ブログ

ルアーロッドでフライフィッシング

 キャスティングの難しさやラインのさばき、ラインシステムの煩雑さからルアーロッドを使ったフライフィッシングの試行を始めた。
 美しいフライフィッシングを愛してやまない人からは邪道と言われそうなのだが…。
 さて、一般的にフライをルアーロッドで使う場合、スプーンにラインを着けフライを結ぶ。いわゆるトレーナーである。
 しかしこれでは漂うようなフライのアクションはのぞめない。ましてやドライフライには使えない。
 またフェザージグのようにフライにウエイトを付け、ルアーのようにキャストする方法もある。しかし、小さなフライに大きなウエイトは装着できず、飛距離は限られたものになってしまう。当然アクションはトレーラー同様、ルアーのようなものになり、フライのものではなくなる。また、インジーフライキャスターというスカジットラインを極端に短くしたようなものが販売されていたようだか、似たようなものを自作して試してみたがやはり飛距離が出なかった。
 どうするか…。

 様々な試行の結果ダウンショットリグに行き着いた。おもにバスフィッシングでワームを使って使用する。ラインの先に重りを着けラインにエダスを出しワームのかわりにフライを結ぶ、海釣りでよく使われる胴付仕掛けである。
 最初はダウンショットシンカーや中通し重りなどを使い、普通にエダスをラインに結んで、やってみた。
 ところがリトリープすると重りが底に引っかかり、スムーズなリトリープができない。当たりか根掛かりか分からない。また、ラインが絡まり、釣りにならなかった。
 自作ダウンショットシンカー そこで、シンカーについては、様々な試行錯誤の結果、ひっかからないシンカーを自作した。
 からみ防止パイプにチュウニングシンカー(糸重り)を巻きつけ「おゆプラ」でパイプとチュウニングシンカーの段差をなくし、熱収縮パイプでコーティングした。
 このシンカー、チュウニングシンカーの太さ、長さを変えることによって様々な長さと重さのものを作ることができる。
 そしてほとんど引っかかりを感じることなくリトリープすることができる。
 ラインの絡みについては親子スイベルを使うことによって解決した。しかし、スイベルの重さが、ラインに影響を与えることが気になっていた。
 そんなおり回転ビーズとかDビーズという名前の結束ビーズを釣具屋で見つけた。
 透明なビーズは軽く、スムーズにエダスが幹糸を回転し、フライの動きに影響しない。もちろん絡みもない。
 そしてダウンショットシンカーを飛ばし浮きに変えれば、中層をリトリープすることもドライフライ、ルースニングもできる。
 そして、飛ばし浮きも絡み防止パイプとおゆプラで自作する。
 おゆプラは比重0.9なので基本フローティングの飛ばし浮きが出来上がる。
 沈めて使いたい場合は、ガン玉を装着することによりシンクレートを様々に変えることができる。
 ダウンショットの釣りではシンカーからエダスまでの長さ、つまり底からの距離を一定に保つことができる。
 リトリープすることによってフライが重りに引っ張られて着底することがない。
 一定のレンジを完全にトレースすることができるのである。
 流れのある河川などでは難しいBS(ボトムスキャニング)の釣りができるようになった。
 フライをルアーロッドで使いたいと思われている横道を行く方、ご参考に…。
スポンサーサイト

合理性

 ガーラ湯沢へ日帰りのスキーに行った。このスキー場へ行くのは、10数年ぶりだ。
 スキーは持って行かず、レンタルである。
 手軽にスキーを楽しめるようななった。
 昨今、スキー場には高齢者と外国人のが多くなり、若者をあまり見かけない。
 若者はアウトドアライフを楽しまなくなった、あるいは楽しめなくなった、という話も聞く。
 しかしガーラではその多くが若者、高齢者は数えるほどしか見あたらなかった。
 そのせいだろう、ゲレンデには圧倒的にボーダーが多かった。
 若者はスキーよりもスノーボードを好む。
 なぜだろう。
 僕はスキーしかやったことがないが、スノーボードはスキーよりもはるかに難しいのではないかと思う。板に対して横向きになり、両足が固定されているため、歩くこともままならない。背中を谷側にむけてのターンなど、考えただけでゾッとする。
 おそらくスノーボードはスケートボードから発展したのだろう。
 スケートボードはサーフィンの練習用に作られたもので、スケートボードはサーフボードと同じように、足は固定されていない。
 サーフボードに横向に立つのは、それなりの理由があると思う。
 しかし雪面の斜面では、そのようにしなければならない理由はないと思われる。
 スノーボードよりもスキーの方が雪面を滑る道具としては合理的である。圧倒的にスピードも出る。
 では何故人はスノーボーダーになるのか。
 …かっこいいから、だろう。
 そもそも、スポーツや芸術の目的は合理的なものではない。

 フライフィッシングはルアーフィッシングよりも不合理である。しかし餌を使うほうがもっと魚をとる、ということから考えれば合理的である。
 オカリナは楽器の機能性からみると極めて不合理なものだ。

 今フライフィッシングが不合理なのでルアーロットでフライを使う研究をしているが、餌釣りのことを考えればナンセンスなことなのだ。
 何事も、合理性だけで物事を考えてはならない。
 そもそも人間の行動やその目的は本質的に「理屈ぬき」ではないのだろうか。

伝説のオカリナ

修理後のソルジェンテ 「ソルジェンテ」オカリナの修理依頼があった。
 初めてソルジェンテに出会ったとき、その精巧さに舌を巻いた。
 コーヒー滓を使っているという、黒陶の色は漆黒そのもの。
 品のあるオカリナだと思った。
 残念ながら製作者の内田氏は亡くなられたとのこと。
 今や、伝説の楽器である。
 今は、息子さんが、その後を継いでいるらしい。
 依頼のあったアルトC菅は、先代の内田氏の手になるものだと思われる。

接着後パテづめ 幸い吹き口から歌口にかけては、全く無傷の状態だったが、右手部分の先が5,6個の破片に割れ、無くなった、破片もあった。
 ジグソーパズルよろしく接着、欠損部分はパテで埋め、彩色、コーティングを施したが、美しい、輝く黒のボディーは、継ぎ目が完全になくなる、というわけにはいかなかった。
 しかし、歌口周辺が無事だったので、音はソルジェンテの音が戻ったのではないか、と思っている。
 このオカリナの最高音は、息圧を強くすると少し詰まる感じがする。しかし適正な息圧だとソルジェンテの名の通り、清らかな澄んだ音がする。

 先日、数本のアケタオカリナの調整を頼まれた。
 その中にプリマの刻印のあるG菅があった。
 もう30年以上前のことではあるが、オカリナというものに初めて触れたのは、このプリマの刻印のあるG菅である。
 響きといい音色といい、伸びのある音は、名器と言っていいと思う。
 僕が吹くと、何の問題もないのだが、出にくい音があるという。
 色々調べていると、持ち主の方の息圧が少し弱いことに気づいた。

 オカリナでは、息圧は、その楽器に合ったものでなくてはならない、ということを今さらながら痛感した。

 どんな息圧にも対応できる楽器を作ろうと思っていた。
 しかし、そのような楽器を作ろうとして、音色を犠牲にしては本末転倒である。
 楽器にはその楽器に合った奏法があってしかるべきなのだから。

 これらの伝説といってもいいオカリナたちは、奏者に媚びてはいけない、あくまでも理想の音を追求すべきだ、ということを教えてくれているようであ。

二刀流の釣り

 僕はルアーもフライも使ういわば二刀流である。
 ただ、フライはルアーに比べるとラインのシステムもさばきも面倒で、キャスティングも難しい。それでもフライを使うのは、一つは、状況にもよるが、ルアーよりもフライの方が釣れる、と思われているからだろう。でも最も大きな理由は多分フライで釣るのが好きだから、ということではないかと思う。
 フライそのものの美しさや、それを作る楽しみ、また、フライロッドからしなやかに流れるラインの美しさ、そういったものが、面倒で難しいフライフィッシングを愛してやまないものにしているのだと思う。
 ただ僕は、海でフライを使うのは、あまりに不合理だと思う。
 フライは、ルアーほど遠投はできない。
 フライフィシイングは、本来イギリスの緩やかな流れで、鱒などを釣るためのもの、日本の川のような急流の渓谷で、ブッシュや、木々に囲まれていては、フライのキャスティングは難しい。
 バックヤードが十分とれる平野の中を穏やかに流れる川(チョークストリーム)では、いたって合理的な釣り方で、激流にドライフライ(浮かぶフライ)が飲み込まれる、ということもない。
 フライマンの中には、ドライフライ以外のフライは、フライではない、と思っている人もいるようだが、海でのドライフライは、ナンセンス。
 それでも、フライを愛してやまない人々は、海水に立ちこみ、波からラインを守るバスケットなどをつけて、フライで、海に立ち向かう。
 しかし、僕はそれほどはフライを愛してはいないのだろう。海でフライロッドを使おうとは思わない。
 それぞれの場所で、その場にふさわしい釣り方が、開発されたのだと思う。
 例えば、狭く、流れの強い日本の渓谷では、やはりテンカラ(和式毛鉤釣り)がふさわしいのではないかと思う。
 そういう場所にルアーはやはり不合理で、ふさわしくない、と思う。

 昨年5月朱鞠内湖で、フライのキャスティングにひどく苦しんだ。
 湖は広大で、ポイントがあてもなく、遠投しなくては、と思うと、僕の技術では、どうにも歯がゆい思いをした。
 焦ってライントラブルも頻繁に発生し、釣りにならない時間が多かった。
 最後の一日は、フライをあきらめ、ルアーを使った。
 結局釣れなかったのだが、このような広大な場所では、ルアーがむいている、合理的なのだとつくづく思った。
 ……でもフライは使いたい。で、どうするか。
 ルアーロッドで、フライを使った釣りをすることを考えた。
 フライフィッシングを愛する人々からは、邪道と言われるかもしれないが、今その研究中。
 研究結果は、そのうちまた……。

ルアー、フライフィッシング

 子供の頃、釣りと言えば、釣り針に餌をつけて釣るものだった。釣りイコール餌をつけて釣るものだと思っていた。
 大人になって、釣りを始めたとき、当然餌釣りをしていた。
 しかし釣具屋に行くと、子供の頃には見たことのなかった何やら小さな魚の形をしたものが並んでいた。こんなものを釣にどうやって使うのだろうと思ったものだ。
 これがルアーという疑似餌だと後に知った。毛鈎のことは、知っていたが、ルアーのことは知らなかった。
 そして、初めてルアーで魚を釣った時、こんなもので魚が釣れるのだ、嘘だろう、と驚いた。
 以来、餌釣りはしなくなった。
 ルアーの起源は湖に落としたスプーンに魚が飛びついてくるのを釣り人が見たことによる、とのことだが、なぜスプーンのような金属の板に魚が飛びついてくるのか本当のことは分かっていないらしい。
 とにかく金属の板でも、魚を模した小さな木やプラスティックの塊でも魚は釣れるのだが、餌釣に比べるとやはり釣れない、餌釣りの一割だという人もいるくらいだ。
 毛鉤はもっと釣れるらしいというので、テンカラを経てフライフィッシングを始めた。釣れるといってもやはり餌釣りにはかなわない。
 かつて川に魚があふれていた時代、餌釣りでは釣れすぎるので、英国貴族がわざと釣れない優雅なフライフィッシングを始めたのだ、と聞いたことがある。
 ただ釣りたいのなら餌釣をすればいいのに、ルアーやフライしかやらないのは、沢山より大きな魚を釣ることだけが釣りの目的ではないからだろう。
 僕は基本的にフライは当然として、ルアーも自分で作る。
 釣の過程をより楽しめるからなのだろうと思う。自分で作ったフライや、ルアーの美しさ、それらによって、魚が釣れた喜びは、餌釣りでは味わえないものだと思う。

 僕と同じように餌、ルアー、フライという順番で、フライフィッシングにたどり着く人が少なくない。フライにたどり着いた人は、ルアーはほとんどやらなくなってしまうらしい。
 フライフィッシングから始めてルアーに変わった、という人もあまり聞かない。
 ルアーに比べて、フライは釣れる。けれどもフライフィッシングは、ルアーに比べて複雑で面倒なことが多い。特にキャスティングは、かなり練習しなければ、思ったようにキャストすることができない。僕はいまだに満足なキャスティングができないでいる。難しいのだ。
 しかしフライマンはこの面倒くささと難しさを楽しんでいる。

 さて、僕はフライフィッシングもルアー釣りもやっている。最近はやりの二刀流だ。
 なぜそうなのか、それはまた……。
プロフィール

森秀文

Author:森秀文
多摩美術大学絵画科卒
長く木版画の制作にいそしむ。
1991年頃よりオカリナの制作を独学で始める。
オカリナ演奏を山本千恵子に師事。
ギター演奏を長谷川郁夫に師事。
現在「くじらギター重奏団」メンバー。
ルアー・フライフィッシング、野菜の栽培も行っている。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる